外来受診される方へ
入院・お見舞いの方
医療関係者の方
採用情報
病院紹介
地域医療連携
がん診療連携拠点病院
診療科・部門案内
アクセス
お問い合わせ
ENGLISH

外来化学療法

外来化学療法について
化学療法の良い点
外来化学療法のリスク
外来化学療法室の実績
外来化学療法室のスタッフ
受診当日の患者さんの動き
治療時に必要な物
外来化学療法室の設備
連絡が必要な症状と連絡先

外来化学療法について

これまで、がん化学療法は入院して治療を行うことが一般的でしたが、新しい治療薬や副作用に対するお薬の開発により、今では外来でも安全に治療が受けられるようになりました。当院では、外来化学療法の良い点を最大限に活かし、リスクを少しでも減らせるよう以下のような体制を整え外来化学療法を行っています。

外来化学療法の良い点

外来化学療法は、治療の点滴を受けた後、家に帰ります。自宅での生活を続けながら治療を受けることは、治療後「自宅」という住み慣れた場所ですごすことができ精神的な負担を軽くすることができます。また、家族や職場の協力を得ながら、体調に合わせて家事やお仕事を続けることもできます。
外来化学療法を受けた患者さんからは、「はじめは心配だったけど治療後、好きなように気楽に過ごせるため外来でよかった」との声が聞かれています。

外来化学療法のリスク

入院治療では、医療者が毎日副作用症状を確認しますが、外来化学療法の場合、治療を受けて帰宅された後、副作用症状をご自身で管理する必要があります。そのためご自宅での対処が遅れないよう、緊急を要する症状(資料:連絡が必要な症状)についてあらかじめお伝えするとともに、症状がある場合は24時間対応できる体制を取っております。また、治療などで来院された時に、家での過ごし方をお聞きし、副作用症状に合わせた対処方法を一緒に考えさせていただきます。

治療を受けて困っていること、不安なことなどはいつでも医療者にお伝えください。(連絡先はこちら

外来化学療法室の実績

当院は平成16年に外来化学療法室を開設しました。治療薬の開発により年々外来で化学療法を受ける方が増えています。

利用者数

外来化学療法室実績1

外来化学療法室疾患別患者割合(平成28年度)

外来化学療法室実績2_2

 

外来化学療法室のスタッフ

外来化学療法室には、専任の看護師が配置されており、点滴の投与や生活のご相談などの対応をさせていただきます。安心して治療が受けられるよう病気や治療法、副作用や生活の困りごとなど、不安に思うことがありましたら看護師にお伝えください。

受診当日の患者さんの動き

各科外来で診察を受けたのち、化学療法を実施することが決まったら、外来化学療法室で治療を行います。

治療決定まで

  1. 血液検査がある場合は、診察予約時間の1時間前までに病院にお越しください。なお、血液検査は必要がない場合もあります。
  2. 1階15番で血液検査を受けます。
  3. 血液検査の結果が出ましたら、各科外来で診察を受けます。
    治療後、つらかった症状(吐き気、便秘、下痢、痛みなど)や、家での様子について医師、または外来看護師にお伝えください。

治療決定後

  1. 外来化学療法室【受付】にお越しいただき診察券をお出しください。
    治療室にご案内いたします。
  2. ベッドが決まりましたら、点滴を受ける準備をしてください。その際、オレンジ色もしくは水色の「化学療法の記録」をご準備ください。
  3. 担当看護師が、家での様子や副作用の程度、困りごとなどを確認し、ご相談させていただきます。状況に応じて医師と相談し、対処させていただきます。
  4. 点滴の薬剤は治療が決定した後、薬剤師が確認し、調剤(薬剤の準備)します。
    患者さんに正しい薬剤が正確に投与できるよう、薬剤師が内容や量の確認後、安全キャビネットを使用し調剤を行います。点滴が化学療法室に届くまでに時間がかかることもございますのでご了承ください。
  5. 薬剤の種類により、医師または看護師が点滴の穿刺を行います。
  6. 点滴が届き次第、治療を始めます。
    点滴中に気分が悪くなったり、点滴をしている部分に変化がありましたらすぐに看護師にお知らせ下さい。
    ※点滴中は、点滴室でお過ごし下さい。
  7. 治療の点滴が終了し、気分が悪いなどなければ、1階7番で会計を行い、帰宅となります。

治療時に必要な物

  • オレンジ色もしくは水色の「化学療法の記録」を毎回ご持参下さい。
  • 点滴中にお食事をしていただいてもかまいません。
    治療が長時間かかる場合は、昼食等を準備されることをお勧めします。ただし、においの強い食べ物はお控えください。
    治療に伴う内服薬がある場合、水分摂取が必要な場合は、飲み物をご準備下さい。
  • スリッパ・タオル・着替えなどが必要な場合はご準備下さい。
  • テレビをご覧になる場合はテレビカードとイヤホンをご準備下さい。

外来化学療法室の設備

化学療法室からの眺め

  • トイレは各治療室にあります。
  • 自動販売機
  • テレビ
    ・・・テレビカード(1000円)を各階に設置の販売機でお求めください。

 


連絡が必要な症状と連絡先

早めに病院に連絡し、受診していただきたい症状

  • 38℃以上の発熱
  • 下血、喀血、吐血、不正出血、真っ赤な尿などの出血
  • 1日3回以上嘔吐して、1日以上食事がとれない
  • 通常の排便よりも5回以上多く激しい下痢
  • おなかが張ってとても苦しい、吐き気がする
  • 頭・胸・お腹・腰などの強い痛み
  • 少し動いただけで動悸や息切れがある
  • 安静にしていても呼吸が苦しい
  • 体が急にむくんできた時

連絡方法

お手元に診察券と「化学療法の記録」をご準備いただき、連絡の際に外来化学療法を受けていることをお伝え下さい。

【連絡先】
長岡赤十字病院(代表:0258-28-3600)
平日 8:30~17:00 >>> 各科外来
夜間・休日 >>> 救急外来

ページトップへ

Copyright © 2017. Nagaoka Red Cross Hospital. All Rights Reserved.