外来を受診される方
入院・お見舞いの方
医療関係者の方
採用情報
病院紹介
地域医療連携
がん診療連携拠点病院
診療科・部門案内
アクセス
お問い合わせ
English
簡体中文

脳神経外科

クモ膜下出血、脳腫瘍の外科治療など一般の脳神経外科診療を行うのは当然ながら、中越地区唯一の救命救急センターを擁することから重症頭部外傷の対応にも使命を有し、さらに血管内治療、脊椎・脊髄外科、機能神経外科などの特殊領域(サブスペシャリティー)の診療も行っています。 つまり、幅の広い疾患群の診療に高い専門性を持ってチーム医療を行っていることが当科の特徴です。 詳細は当科のホームページをご参考ください。

医師紹介

氏名 職位 専門領域 認定資格等
川口 正
(昭和59年卒)
部長 脳腫瘍
脳血管障害
機能的脳神経外科
日本脳神経外科学会専門医・指導医
髙尾 哲郎
(平成12年卒)
部長 脳腫瘍
脳血管障害
機能的脳神経外科
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本てんかん学会専門医
神保 康志
(平成14年卒)
部長 脳血管障害 日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医
日本脳卒中学会専門医
齋藤 太希
(平成24年卒)
     

外来担当医表


患者さんへ ~臨床データの研究利用に関するお願い~

『急性期虚血性脳卒中の再開通療法における施設間医療連携に関する 調査研究』に関する臨床データの研究利用についてのお願い

研究の概要・背景

本調査研究は、遠隔診療を用いた診断の補助や、Drip and Ship法(血管内治療を含むより専門的な診療が可能な施設に脳梗塞患者を搬送する)、Drip and Stay法(遠隔画像診断を基に脳卒中に精通した医師の指示の下にrt-PA静注療法を実施し引き続き当該施設内で診療を継続する)の活用を含む、地域における脳卒中急性期の施設間連携体制の現状・課題及びその解決策を明らかにすると共に、施設間連携医療の有効性や安全性に関する科学的根拠の創出を目的とした研究です。

試料・情報の利用目的・方法(他機関への提供を含む)

本調査研究は、介入を伴わず「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(厚生労働省 平成29年2月28日一部改正)」において「人体から採取された試料等を用いない観察研究」とみなされます。患者さんの個人情報保護に最大限の努力をはらうと共に、本調査研究で得られた情報を公表する際には、患者さんが特定できないよう十分に配慮します。 施設登録および症例登録に関しては、本調査研究の事務局(脳卒中の急性期診療体制における施設間連携体制構築のための研究班事務局 〒650-0047 神戸市中央区港島南町2-1-1 神戸市立医療センター中央市民病院 臨床研究推進センター内)へ、症例報告書をメール、FAXで報告または電子登録システム(現在構築中)を利用します。

対象者・期間

1 発症または最終健常時刻から24時間以内に機械的血栓回収療法を施行した患者さん
2 Drip & Ship法を行った患者さん
対象は2016年1月1日から2019年12月31日の実施例です。

データ利用のお願いと申し出について

これらの臨床データは通常の診療で記録されたもので、患者さんに新たな負担はありません。また、個人を特定できるような状態でデータを使用することはありません。本研究の目的と、臨床データ利用に関するご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。 なお、本研究に関するさらなる説明をご希望の方、また、本研究において臨床データの利用を希望されない方は下記問い合わせ窓口にご連絡ください。研究不参加を申し出られたとしても、患者さんが不利益を受けることは一切ありません。

【お問い合わせ先】
長岡赤十字病院 脳神経外科
担当医師:川口 正、神保 康志

〒940-2085 新潟県長岡市千秋2-297-1
電話:0258-28-3600(代)  FAX:0258-28-9000(代)

 

印が休診日、印が午前のみ診療です。

             
             
             
             
             
             
前月 今月 翌月

急に休診になることもありますのでお知らせをご確認ください

ページトップへ

Copyright © 2018. Nagaoka Red Cross Hospital. All Rights Reserved.