外来を受診される方
入院・お見舞いの方
医療関係者の方
採用情報関係
病院紹介
地域医療連携
がん診療連携拠点病院
診療科・部門案内
アクセス
お問い合わせ
English
簡体中文

患者さんへ

患者さんの権利

  1. 患者さんは尊厳を持って対応される権利があります。
  2. 患者さんは担当医師から自らが理解できる言葉でその診断・治療・及び予後に関する情報を得る権利があります。
  3. 患者さんは担当医師から医療処置・治療行為の開始前に、同意するに十分な情報を得る権利があります。
  4. 自らの意思に基いて医療を受け、あるいは拒否する権利があります。
  5. 患者さんはプライバシーを尊重される権利があります。
  6. 患者さんは平等に治療を受ける権利があります。
  7. 患者さんは受けた医療や医療費などについて知り、公的援助に関する情報を得る権利があります。

患者さんへのお願い

  • 症状・これまでの治療経過・通院中の他医院など、積極的な情報の提供をお願いします。
  • 診療に関連したカードや手帳をお持ちの方は提示ください。「診療に必要な情報カード」「臓器提供意思表示カード」「ペースメーカー手帳」など。
  • 予測し得ない急変が生じた場合、同意なく救命処置をさせていただきます。
  • 過度な期待・要求にお応えできない場合は、医療の継続をお断りさせていただきます。
  • 定められた規則を守らず、他の患者さんや診療に迷惑をかける恐れがある場合、必要な措置をとらせていただきます。

医療事故防止のための患者さんへのお願い

長岡赤十字病院ではかねてから安全な医療に努めておりますが、事故防止のために下記の3点のご協力をお願いいたします。

1. 疑問があったらいつでも職員にお尋ねください

いつもと違うと感じたり、不安に思うことがありましたら遠慮せずに職員にお尋ねください。

2. 診療・注射・検査などの際は、医療者とともに名前の確認をお願いします

病院には同姓や類似する名前の患者さんが多数おられます。 職員は患者さんの確認に努めておりますが、ご本人の確認のためにはご本人に名乗って頂くのが一番確実な方法です。 また、生年月日や住所をおたずねする場合がありますがご了承ください。

3. 薬を受け取ったら、必ずお名前をお確かめください

いつもの薬と違っているときや、おかしいと感じられたときには、いつでもお知らせください。

治験・臨床研究について

治験について

当院治験事務局についてはこちらをご確認ください
当院で実施している治験一覧

臨床研究に関する情報公開

医学の分野では、より良い診断や治療を目指して、患者さんにご協力いただき医学的データを集めることがあります。病気の原因の究明や病気の予防など、患者さんの生活の質の向上を目指した医学系の研究です。これを「臨床研究」といいます。

臨床研究は通常、文書で説明・同意を得た上で、患者さんのプライバシーや人権が守られるよう、細心の注意を払って行われます。また、文部科学省・厚生労働省より示されている『人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針』に則って実施されます。

臨床研究のうち、観察研究(対象となる患者さんの診療データのみを匿名化して用いる研究)においては、患者様に対して研究を目的とした積極的な侵襲や介入がないため、国が定めた倫理指針に基づき、「必ずしも対象となる患者さんお一人ずつから、臨床研究ごとに直接同意を得る必要はない」とされております。しかし、「研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を通知または公開し、さらに可能な限り拒否の機会を保障する事が必要」とされており、このような手法を「オプトアウト」といいます。

以下に、オプトアウトの対象となる研究を提示いたします。もしもご自身が研究対象者に含まれていると思われ、かつ、ご自身の記録の研究利用を望まない方については、各研究の担当者までお知らせください。

番号研究課題名部門研究責任者
101230National Clinical Databaseが運営する日本消化器外科学会・外科関連専門医制度委員会による 合同データベース事業への参加について外科
呼吸器外科
心臓血管外科
小児外科
 
121018本邦における心血管インターベンションの実態調査(J-PCI)循環器内科藤田 俊夫
211136疫学調査「血液疾患登録」血液内科黒羽 高志
171121循環器疾患診療実態調査

循環器内科

藤田 俊夫

171226日本産科婦人科学会周産期登録事業および登録情報に基づく研究

産婦人科

安田 雅子

18023110mm以下の十二指腸非乳頭部上皮性腫瘍に対するコールドスネアーポリペクトミー (通電を行わないスネア切除)の有用性と安全性に関する研究

消化器内科

竹内 学

180232日本脳神経外科学会データベース研究事業研究

脳神経外科

髙尾 哲郎

190356肺非結核性抗酸菌症合併関節リウマチ患者に対する免疫抑制剤治療が患者予後に与える影響に関する観察研究リウマチ・
膠原病内科

佐伯 敬子

190357わが国の腎臓病患者における腎生検データベース構築ならびに腎臓病総合データベース構築に関する研究リウマチ・
膠原病内科

佐伯 敬子

190401周産期母子医療センターネットワークの構築およびハイリスク児のアウトカム分析新生児科

松永 雅道

190507頭頸部表在癌の病態調査耳鼻咽喉科

高橋 奈央

200605寛骨臼骨折の長期治療成績整形外科

川嶋 禎之

190717日本産科婦人科学会 婦人科悪性腫瘍登録事業及び登録情報に基づく研究
学会資料
産婦人科安田 雅子 
210250日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究整形外科森田 修
200255新潟県頭頸部悪性腫瘍登録の疫学と診断に関する研究耳鼻咽喉科高橋 奈央
200924COVID-19に関するレジストリ研究感染症内科西堀 武明
200927医療の質と経済性に関する実態調査QI向上検討チーム山﨑 肇
200928小児肺動脈性高血圧患者における診断前学校心電図所見の検討小児科渡邉  健一
210145脳卒中の急性期診療提供体制の変革に係る実態把握及び有効性等の検証脳神経血管内
治療科 
本橋 邦夫 
210249急性骨髄性白血病の予後とWT-1mRNA発現量の推移血液内科黒羽 高志
210609内臓動脈瘤のステントグラフト内挿術に関する研究心臓血管外科

平原 浩幸

210610「末梢動脈瘤のステントグラフト内挿術」に関する研究心臓血管外科

平原 浩幸

210614食道癌内のWhite globe appearance(WGA)様所見に対する多機関共同研究 消化器内科竹内 学
長岡病総
第2160号
管理栄養士の配置状況別の効果検証栄養課田口 佳和
210720日本病理剖検輯報に基づく全身性アミロイドーシス各病型頻度の疫学調査病理診断部薄田 浩幸
211031レセプトおよびDPCデータを用いた循環器疾患における医療の質に関する研究循環器内科藤田 俊夫
2111322021年に外科治療を施行された肺癌患者のデータベース研究呼吸器外科篠原 博彦
220139J-ASPECT研究脳神経外科髙尾 哲郎
220246後天性低カルシウム尿性高カルシウム血症(AHH)/自己免疫性副甲状腺機能低下症(AH)と考えられる患者の病態の解析と病因の解明腎臓内科山﨑 肇
220348各種悪性腫瘍に関する研究病理診断部薄田 浩幸
長岡病総
第1321号
慢性腎臓病進行例(CKD- G3b~G5)の予後向上のための予後、合併症、治療に関するコホート研究腎臓内科山﨑 肇
220504がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究第一医事課
(病歴係)
 
220708脳卒中を含む循環器病対策の評価指標に基づく急性期医療体制の構築に関する研究脳神経外科髙尾 哲郎
220812内視鏡下副鼻腔手術におけるPlus moist HS-W®による鼻副鼻腔湿潤療法の有効性に対する研究耳鼻咽喉科高橋 奈央
220813消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データベース構築消化器内科竹内 学
220814大腸癌術後補助化学療法における有害事象と予後の関連消化器外科 
220815早期肺癌に対するCT画像に基づいたサルコペニア評価と免疫・栄養・炎症マーカーの相関および外科治療成績の検討呼吸器外科  佐藤征二郎
220816低出生体重児の成長・発達評価手法の確立のための研究
① 低出生体重児の乳幼児期の発育調査に関する研究
新生児科松永 雅道
220920急性骨髄性白血病に対するベネクレクスタ併用治療に関する研究血液内科黒羽 高志
220921IgG4関連循環器疾患を診断するための基準作成を目的とした他施設共同研究 腎臓・膠原病内科佐伯 敬子 
221022がん患者に対する周術期口腔機能管理の効果の後方視的検討歯科口腔外科成松 花弥
221123悪性腫瘍におけるゲノム解析データベース構築に関する研究消化器外科谷 達夫
221124初診時に遠隔転移を有する頭頚部扁平上皮癌患者に関する後ろ向き観察研究 耳鼻咽喉科高橋 奈央
221126レセプトおよびDPCデータを用いた循環器疾患における医療の質に関する研究循環器内科藤田 俊夫
221127日本における、重症・中等症小児 COVID-19 登録及び MIS-C 全国調査共同研究小児科渡邉 健一
221229総胆管Y字開口のため診断が遅れた先生性十二指腸閉鎖症の一例に関する研究小児外科横田 直樹
221230がん診療の諸要因と予後の関連に関する研究第一医事課
(病歴係)
小池 健
230131本邦小児末期腎不全患者の実態把握のための新規発症実態調査および追跡予後調査腎臓内科山﨑 肇
221232ICUにおける早期経腸栄養プロトコル及び管理栄養士の栄養介入による効果検証栄養課田口 佳和
230133消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データベース構築消化器内科竹内 学
230135免疫チェックポイント阻害薬によるirAE胆管炎の実施調査消化器内科吉川 成一
190357②抗がん剤による腎障害の臨床像に関する観察研究腎臓・膠原病内科佐伯 敬子
230238レセプト等情報を用いた脳卒中・脳神経外科医療疫学調査脳神経外科本橋 邦夫
230239日本産科婦人科内視鏡学会における手術及び合併症登録産婦人科本多 啓輔
230401泌尿器科疾患に対するロボット支援腹腔鏡下手術の有用性についての研究

泌尿器科

鈴木 一也

230405Dual Energy CTを用いた腰椎定量評価のための検討放射線科部冨田 みなみ
230406形質細胞白血病の患者さまの診断および経過、治療に関する研究血液内科黒羽 高志
230507FLT3遺伝子変異を持つ再発難治急性骨髄性白血病に対するFLT阻害剤による治療に関する研究血液内科黒羽 高志
230511特発性好酸球増加症候群の診療ガイドライン作成に向けた疫学研究総合診療科児玉 文宏
230613食道 ESD/EMRにおける偶発症に関する全国調査消化器内科竹内 学
230614NCDを基盤とした保険請求データ(DPC・レセプトデータ)の収集第一医事課 
230719第3回患者体験調査第一医事課
病歴係
 
230820経年変化とT波形評価に注目した成長期QT延長症候群の新たな診断基準の確立小児科渡邉 健一
230824生後早期の極早産児に対する「複合的な抗菌薬適正使用プログラム」の普及効果に関する多施設共同観察試験新生児科松永 雅道
230925救急医が行うAdvance Care Planning(ACP)に関する研究救急科小林 和紀
231027血縁同種造血幹細胞移植ドナー様へのペグフィルグラスチム使用の有用性の検討血液内科黒羽 高志
231028IgG4 関連疾患の診断基準並びに診療指針の確立を目指す研究リウマチ・
膠原病内科
佐伯 敬子
231031バレット食道症例の3次元組織構造解析のための後方視的研究 消化器内科竹内 学
231132当院における糖尿病透析予防指導の取り組み栄養課南 和代
231237疫学調査「口腔がん登録」歯科口腔外科小林 孝憲
240242遺族によるホスピス・緩和ケアの質の評価に関する全国質問紙調査(J-HOPE5研究)11A棟板井 悠子

臨床検査検体の2次利用について

臨床検査を終了した残余検体を業務、教育、研究のために使用することがあります。
詳しくはこちらをご確認ください。

 

 

印が休診日、印が午前のみ診療です。

             
             
             
             
             
             
前月 今月 翌月

急に休診になることもありますのでお知らせをご確認ください

ページトップへ

Copyright © 2024. Nagaoka Red Cross Hospital. All Rights Reserved.