外来を受診される方
入院・お見舞いの方
医療関係者の方
採用情報
病院紹介
地域医療連携
がん診療連携拠点病院
診療科・部門案内
アクセス
お問い合わせ
English
簡体中文

眼科

概要

人間の5感で得ている情報の80%以上は目から入ります。眼球は極めて精密な構造と高度な機能を備えた大切な感覚器官です。しかし、些細な病気が元でその機能は大きく損なわれてしまいます。病気の種類によっては視力や視野の回復が不可能なことがあり、早期の治療が必要です。当科は、中越地域の基幹病院としてあらゆる目の病気を診療対象としています。また、全身疾患に関連した眼疾患も他科と連携して治療に当たっています。


ご挨拶

眼科は現在常勤医2名、非常勤医2名で診療を行っています。全員が眼科専門医であり、新潟大学や近隣の医療機関との連携を常に持ちながら、皆様の目の健康を守るべく日夜働いています。


特色・方針

私たちは最新の医療情報に基づいた医療を実践しています。当院で行う手術のうち、最も多い白内障手術は、入院と日帰り手術のいずれも選択可能です。近年増加している加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症や糖尿病網膜症の黄斑浮腫に対する抗VEGF薬の硝子体注射を実施しています。また、県内では大学以外であまり行われていない斜視、まぶたの疾患、目の腫瘍や外傷などの疾患も積極的に手術加療しています。更に、新生児科と連携して未熟児網膜症に対するレーザー治療も行っております。極めて高度で専門的な治療が必要な疾患については、新潟大学眼科と連携して治療に当たります。

当科の設備として、硝子体手術では内視鏡を併用した25Gシステムを用いています。外来では特殊検査(蛍光眼底造影検査、視野検査)や特殊治療(レーザー網膜光凝固術や硝子体注射療法、先天性鼻涙管閉塞に対するブジー)も行っています。その他、眼底三次元画像解析装置(3D-OCT)、マルチカラーレーザー、YAGレーザー、ERG、大型弱視鏡、ゴールドマン視野計、ハンフリー自動視野計などの器械を揃えています。

対象疾患について

  • 白内障
  • 緑内障
  • 結膜疾患(翼状片など)
  • 角膜疾患
  • 網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑前膜、加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症、網膜動脈閉塞症、網膜色素変性症など)
  • 斜視、弱視
  • 眼瞼の疾患(眼瞼下垂、内反症、外反症、睫毛乱生)
  • 腫瘍(眼瞼、結膜、眼窩など)
  • 外傷(眼瞼裂傷、涙小管断裂、眼窩底骨折など)
  • 涙道疾患(涙嚢炎、鼻涙管閉鎖症(先天性を含む)など)
  • 視神経炎などの視神経疾患
  • 未熟児網膜症

など、あらゆる眼科疾患全般が対象です。

実績

手術実績(平成28年度)

年間手術件数(硝子体注射を除く) 1,151件
内訳   白内障手術 751件
  硝子体手術 135件
  斜視手術 39件
  緑内障手術 29件
  眼瞼下垂手術 46件
  その他 151件

外来治療実績(平成28年度)

レーザー治療 290件
抗VEGF抗体の硝子体注射 370件

 

 

医師紹介

氏名 職位 専門領域 認定資格等
橋本 薫
(平成7年卒)
部長 緑内障 日本眼科学会専門医
武田 啓治
(昭和44年卒)
  斜視・弱視 涙道疾患 日本眼科学会専門医
田中 玲子
(平成6年卒)
  眼科一般 日本眼科学会専門医
吉田 博光
(平成22年卒)
副部長 眼科一般  
長谷川 友加里      

外来担当医表


患者さんへ ~臨床データの研究利用に関するお願い~

長岡赤十字病院における極低出生体重児の血管生成因子の血中濃度の研究に関する臨床データ利用についてのお願い

研究の概要・背景

当院の新生児集中治療室(NICU)に入出した極低出生体重児の血管内皮増因子(VEGF)、アンギオポエチン1・2、アンギオゲニン、胎盤成長因子(PIGF)などに代表される血液中の血管成長因子を測定します。これらの血管成長因子の血中濃度の推移と未熟児網膜症(ROP)の発症の時期や重症度・治療経過との相関を検討し、ROPの病態解明に寄与することを目指します。

試料・情報の利用目的・方法(他機関への提供を含む)

NICUでは、赤ちゃんの全身症状把握のため、2週間に1度採血検査を行なっています。この採血に併せて、血中の血管成長因子濃度測定のための採血(200uL)を行ないます。ただし、貧血が著しい場合や体重が1,000gに満たないときには行ないません。また、得られた検体については当院で遠心分離した後、新潟大学病院にて分析します。

対象者・期間

当院のNICUに入室した極低出生体重児50名を対象とし、期間は平成28年11月~平成32年12月を予定。

データ利用のお願いと申し出について

これらの臨床データは通常の診療で記録されたもので、患者さんに新たな負担はありません。また、個人を特定できるような状態でデータを使用することはありません。本研究の目的と、臨床データ利用に関するご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
なお、本研究に関するさらなる説明をご希望の方、また、本研究において臨床データの利用を希望されない方は下記問い合わせ窓口にご連絡ください。研究不参加を申し出られたとしても、患者さんが不利益を受けることは一切ありません。

【お問い合わせ先】
長岡赤十字病院 眼科
担当医師:吉田 博光、吉野 秀昭(研究代表者)

〒940-2085 新潟県長岡市千秋2丁目297-1
電話:0258-28-3600(代)  FAX 0258-28-9000(代)

 

 

印が休診日、印が午前のみ診療です。

             
             
             
             
             
             
前月 今月 翌月

急に休診になることもありますのでお知らせをご確認ください

ページトップへ

Copyright © 2018. Nagaoka Red Cross Hospital. All Rights Reserved.