外来を受診される方
入院・お見舞いの方
医療関係者の方
採用情報
病院紹介
地域医療連携
がん診療連携拠点病院
診療科・部門案内
アクセス
お問い合わせ
English
簡体中文

地域連携サポートセンター

概要

当院は、平成23年11月に地域医療支援病院の承認を受けました。地域の病院、診療所をはじめ、関係機関との連携に力を入れています。当院の基本方針である「地域医療に寄与し、安心できる医療の提供に努めます」を実現するため、平成24年10月に『地域連携サポートセンター』として、「病診連携」「医療相談」「がん相談」「退院支援」「訪問看護」の部門及び機能を1フロアに集約しました。更に、27年3月に外来1階③窓口に「入院支援センター」を設置しました。入院時から退院後の在宅療法を見すえて、早期からご相談に応じ、安心して治療を受けていただくことを目指してご支援しております。  当センターが地域との開かれた窓口として、皆さまのお役に立てることを望んでおります。 どうぞよろしくお願いいたします。

センター長 佐伯敬子
 名誉センター長(院長)川嶋禎之
副センター長 小林加苗
地域連携・福祉支援課課長 笹岡光央

1_400

 

入退院支援

2_300外来では、今までかかった病気や飲んでいるお薬などについて伺い、入院までの準備や医療費のご相談をお受けしています。入院中は退院後の生活について患者さんやご家族のご希望を伺い、社会資源はサービス調整を行い、安心安全に自宅での生活が送れるように、入院から退院、退院から外来へと切れ目のない支援を行っていきます。

訪問看護

3_300利用される方のお宅に看護師が伺い、必要な観察や医療処置、療養上のお世話、ご相談などをお受けしています。住み慣れた地域で安心・安全に生活できるように、ご本人やご家族と相談しながら支援しています。 訪問看護は、お子様から高齢の方まで主治医の指示がある方ならどなたでも利用できます。 自宅での療養生活に不安や心配がある方は、ぜひご相談ください。

医療相談

4_300病気や怪我に伴って発生する様々な問題について、医療ソーシャルワーカーがご本人やご家族と一緒に問題の解決にあたります。医療費や生活費、病院や施設・福祉制度等の種類や利用方法、誰に相談してよいかわからないこと等、様々なご相談をお受けしています。 まずは、お話しを伺うところから始めます。相談は無料で、秘密は守られます。

病診連携

5_300地域の診療所や病院と当院を結ぶ窓口です。現在、国の医療 政策は「軽症の患者さんは診療所へ、専門的な治療が必要な 患者さんは病院へ」という動きにあります。診療所の先生に 診てもらっていた治療を引き継ぐ上で大切な「紹介状」の管 理や、CT・MRI・内視鏡といった各種検査機器の共同利用に あたっての調整もしています。患者さんと直接関わる窓口で はありませんが、地域の診療所や病院の先生が、当院に患者 さんをスムーズにご紹介いただくために、また先生が代わっ ても安心して治療を続けられるためにお手伝いをしています。

がん相談支援センター

6_300がんに関する相談窓口です。 がんの治療を受けるうえでの不安や悩み、療養生活などについてご相談いただけます。 がん患者さんやご家族はもちろん、地域の方々のご相談にも対応しております。 また、月1回患者サロン (ほほえみサロン千秋)を開催し患者さん同士の交流の場を設けております。
お一人で抱え込まずにどうぞ、ご相談ください。

詳しくは、ホームページの がん診療連携拠点病院 がん相談支援センター をご覧ください。

 

印が休診日、印が午前のみ診療です。

             
             
             
             
             
             
前月 今月 翌月

急に休診になることもありますのでお知らせをご確認ください

ページトップへ

Copyright © 2018. Nagaoka Red Cross Hospital. All Rights Reserved.