外来を受診される方
入院・お見舞いの方
医療関係者の方
採用情報
病院紹介
地域医療連携
がん診療連携拠点病院
診療科・部門案内
アクセス
お問い合わせ
English
簡体中文

リウマチ科

概要

中越地区のリウマチセンターならびに日本リウマチ学会教育認定施設として整形外科系(リウマチ・関節外科)と内科系(リウマチ・膠原病・腎)のリウマチ専門医が協力して診療と教育にあたっています。関節リウマチの薬物治療については患者さん一人一人の状態を十分チェックしたのち、メトトレキサートを中心とした従来型の抗リウマチ薬、さらに生物学的製剤、JAK阻害薬などより強力な治療薬を積極的に取り入れています。また、新薬の治験にも参加しております。
人工関節置換術などのリウマチ外科手術も整形外科専門医の協力を得て多数行っており(整形外科リンク)、リハビリについては院内のリハビリセンターで急性期リハビリを行った後、必要に応じて通院リハビリ(含む他院での回復期リハビリ)をすすめていきます。

リウマチセンター長ご挨拶

「リウマチ性疾患」というと原因のわからないこわい病気、不治の病というイメージを抱かれる方もいらっしゃると思いますが、現在この分野は非常に研究が進み、次々と効果の高い薬が登場してきています。しかし一方でそれらを安全に、効果的に使いこなすためには専門的な知識が欠かせません。当センターでは整形系、内科系のリウマチ専門医、看護師、薬剤師が一緒になって患者様と相談しながら、一人一人に合った医療を提供したいと考えております。リウマチセンターでは整形と内科が同じ曜日に隣り合って診察しておりすぐに相談や処置が可能です。また生物学的製剤治療も同じフロアで行っておりますので安心して治療を受けていただけます。
なお、リウマチ性疾患の診療にはリウマチ以外の疾患も含めて患者様の今までの病歴、治療内容や検査結果が非常に重要ですので、ほかの医療機関にかかっていらっしゃる方は必ず紹介状をご持参くださいますようお願い申し上げます。

(リウマチセンター長 佐伯敬子)

特色・方針

詳細な問診、診察、種々の検査(関節炎については関節超音波検査、関節穿刺検査なども)を組みあわせて正しく診断し、科学的根拠(エビデンス)、診療ガイドラインをもとに、個々の患者様の症状、合併症、社会的背景などを考慮して治療方針をたてていきます。病状が安定しましたら、お近くの“かかりつけ医”との連携診療(普段の診察、検査、処方はかかりつけで、当院は年1-2回など)も考慮します。なお、当院は救命救急センターを併設しており、緊急事態には24時間対応しております。

対象疾患について

関節リウマチを中心に,全身性エリテマトーデス,全身性強皮症、シェーグレン症候群、血管炎、リウマチ性多発筋痛症、成人スティル病,リウマチ反応陰性脊椎関節症(強直性脊椎炎など),自己炎症性疾患、IgG4関連疾患、ステロイド性骨粗鬆症,全身性変形性関節症などを対象としております。個々の疾患の情報につきましてはリウマチ情報センター難病情報センターをご参照ください。

実績

関節リウマチの生物学的製剤、JAK阻害薬導入

2003年に生物学的製剤が承認されて以来当院でも導入してまいりました。生物学的製剤は後続品も含め現在10種類の薬が発売されておりますが、そのすべてを採用し2003年~2020年3月までに1200例導入しました(重複例含む)。JAK阻害薬は55例導入しています。

手術

HP_リウマチ科2017診療実績4

手術室での整形外科の手術は年間約1,200件行われています、この図は人工関節置換術の推移を調べたものです。2003年は107件で、2017年は137件施行しております。

HP_リウマチ科2017診療実績5

施術患者さんの内訳ですが、当初は関節リウマチ患者さんへの人工関節置換術が主でしたが、最近は、高齢者の変形性関節症に対する人工関節置換術の方が多くなっております。

HP_リウマチ科2017診療実績6

これは関節リウマチ患者さんに対する人工関節置換術の推移です。10年前は人工膝関節、人工股関節置換術が主体でしたが、最近は人工肘関節や手足の関節の再建術が増えていることがわかります。

HP_リウマチ科2017診療実績7

前足部変形に対する再建術は、212足となっています。母趾MTP関節にはSwanson人工趾関節置換術と外側4趾には中足骨遠位部での斜め骨切り短縮術(SOO)が主流ですが、母趾MTP関節を温存する矯正骨切り術での対応も多くなってきております。

 

医師紹介

氏名 職位 専門領域 認定資格等
羽生 忠正
(昭和49年卒)
名誉リウマチ
センター長
リウマチ科
整形外科
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本整形外科学会専門医
更生医療指定医
厚生省義肢装具等適合判定医師
新潟県難病指定医
新潟県小児慢性特定疾病指定医
佐伯 敬子
(昭和60年卒)
リウマチセンター長
部長
リウマチ科
内科
腎臓内科
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医
根津 貴広
(平成13年卒)
部長 リウマチ科
整形外科
日本リウマチ学会専門医
日本整形外科学会専門医
田村 真麻
(平成16年卒)
副部長 リウマチ科
内科
総合診療内科
日本リウマチ学会専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本アレルギー学会専門医
高村紗由里
(平成24年卒)
副部長 リウマチ科
内科
腎臓内科
日本内科学会認定内科医
日本リウマチ学会専門医

リウマチセンター診療担当表(予約制)

リウマチセンター受付(入院棟10階)

  火曜 水曜 木曜
午前  ― 羽生忠正(RA再来) 羽生忠正(RA再来)
 ― 佐伯敬子(膠・RA再来) 佐伯敬子(膠・RA再来)
 ― 根津貴広(RA再来) 根津貴広(RA新患*)
午後 羽生忠正 羽生忠正(RA再来) 羽生忠正(RA再来)
田村 真麻 高村 紗由里(膠・RA再来) 根津貴広(RA再来)
    田村 真麻(膠・RA再来)

(膠・RA:膠原病ならびに関節リウマチ)

*リウマチの初診は紹介状が必要です。リウマチ科は木曜午前(根津)が担当します。病診連携室を通じて予約を入れてください。
*内科系の初診は内科外来初診(下記)で受け付けます

1階外来での診療担当表

内科(受付ブロック10・11)

 
午前 田村(初診) 佐伯(初診)
田村(初診)
  高村(初診)  
午後     佐伯(再来) 佐伯(再来) 高村(再来)

整形外科(受付ブロック13)要予約

 
午前 根津(初診)        
午後          

*内科系のリウマチ初診は、月曜、火曜、木曜の初診外来で受け付けます。紹介状があれば、病診連携室を通じて予約が取れます。 なお、リウマチに対する手術療法が選択された場合、入院加療は火曜日の午前枠、金曜日の午前・午後枠のどれかで、外来手術は水曜の午後枠で行われます。

外来担当医表


患者さんへ ~臨床データの研究利用に関するお願い~

「関節リウマチ患者の手術部位感染(surgical site infection: SSI)に関する前向き観察研究」に関する臨床データの研究利用についてのお願い

研究の概要・背景

関節リウマチ(RA)患者の治療は、薬物療法・リハビリテーション・手術療法・ケアの4本柱の支えで成り立っています。近年薬物療法の進歩は目覚ましく、痛みや腫れをとるだけでなく関節破壊の進行を抑え、さらには修復まで認められることが報告されています。これらは、生物学的製剤やJAK阻害薬のおかげですが、肺炎などの感染症発生率を上昇させるとのエビデンスがあります。これらの薬物療法を駆使しても関節破壊による日常生活障害で再建手術が必要な方もおられます。その場合、手術部位感染(SSI)の発生率の上昇が危惧されますが、まだ見解の一致をみておりません。そこで、該当する患者様において術後1年以内の感染発生を調べ、薬物療法の内容や休薬期間、RAの活動性に関する情報などを、研究事務局に約5年間集め、解析するというものです。

試料・情報の利用目的・方法(他機関への提供を含む)

実施に当たっては、全ての患者様の情報は匿名化され、個人情報は厳密に保護されます。手術療法の最適化に向けて意義深い研究ですので、患者様のご理解とご協力をお願いいます。 十分な周知の方法として、以下の事項を実施します。これらの措置は研究期間中継続します。
①参加医療施設における本研究実施に関するポスター掲示・患者向け研究計画説明書の開示をおこなう。
②研究事務局への問い合わせ窓口を設置します。 なお、全国の赤十字病院のうち関節リウマチの専門科において専門医が診療を行っている医療機関で実施します。事務局は当院で、羽生忠正・根津貴広(長岡赤十字病院 リウマチ科)が担当します。

対象者・期間

研究実施施設において診療中のACR/EULAR2010の分類基準を満たすRA患者さんで入院して手術を受ける18歳以上の患者さんを登録対象とします。本研究への参加を拒否した患者さんは除かれます。

  • 予定登録症例数:1000例
  • 予定登録期間: 各医療機関の長による許可日~2020年12月(新規登録施設)
  • 観察期間:各医療機関の長による許可日~2022年12月

データ利用のお願いと申し出について

これらの臨床データは通常の診療で記録されたもので、患者さんに新たな負担はありません。また、個人を特定できるような状態でデータを使用することはありません。本研究の目的と、臨床データ利用に関するご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。 なお、本研究に関するさらなる説明をご希望の方、また、本研究において臨床データの利用を希望されない方は下記問い合わせ窓口にご連絡ください。研究不参加を申し出られたとしても、患者さんが不利益を受けることは一切ありません。

【お問い合わせ先】
長岡赤十字病院 リウマチ科
担当医師:羽生 忠正・根津 貴広

〒940-2085 新潟県長岡市千秋2-297-1
電話:0258-28-3600(代)  FAX:0258-28-9000(代)

 

 

印が休診日、印が午前のみ診療です。

             
             
             
             
             
             
前月 今月 翌月

急に休診になることもありますのでお知らせをご確認ください

ページトップへ

Copyright © 2020. Nagaoka Red Cross Hospital. All Rights Reserved.