外来受診される方へ
入院・お見舞いの方
医療関係者の方
採用情報
病院紹介
地域医療連携
がん診療連携拠点病院
診療科・部門案内
アクセス
お問い合わせ
ENGLISH

新生児科

概要

新潟県の総合周産期母子医療センター新生児部門として、主に中越地域で出生した生後28日までの赤ちゃんの診療を行っています。入院治療が必要な赤ちゃん専用の病棟(新生児集中治療室:NICU)は、特に手厚い治療が可能な新生児集中治療病床(認可NICU)12床と成長するための回復期用の病床(GCU)18床があり、小児科と協力して365日24時間体制で受け入れています。

ご挨拶

地域の医療機関と連携して、総合周産期母子医療センターとしての役割を遂行します。そして、入院された赤ちゃんとご家族にとって、よりよい医療とやさしいケアをめざします。

特色・方針

中越地域の赤ちゃんの基幹医療施設として、赤ちゃんの高度集中医療を行います。 入院の多くは、妊娠中に母親が産科に入院し、出生後に赤ちゃんがNICUに入院する母体搬送です。 もちろん、新生児搬送にも対応しています。 NICUは、多くの赤ちゃんが集中治療終了後も長期間の入院するため、できるだけ成長発達に配慮した環境をめざしています。 また、地域の新生児医療の発展のため、医療従事者の教育や研修、他施設と連携しての臨床研究などにも積極的に取り組んでいます。

対象疾患について

予定より早く生まれた赤ちゃん(早産児)、出生体重が低い赤ちゃん(低出生体重児)、生まれながらの疾患(呼吸障害、先天性心疾患、新生児仮死、外科的疾患、染色体異常、感染症など)のある赤ちゃんです。 NICU病棟に入院して、集中治療を行います。退院後は、外来で発育発達について定期的な経過観察を行います。特に低体重で生まれた赤ちゃんは特有の発育発達を考慮した健診を行います。必要な場合は、医療施設や療育施設と連携して育児支援を行います。

実績

  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
総入院数 154 176 126 196 166 151 132
出生体重1500g未満 50 57 42 44 39 50 39
出生体重1000g未満(再掲) 17 28 11 11 19 23 23
人工呼吸器管理 44 65 32 40 40 42 43
手術 8 16 5 6 11 5 9
低体温療法 1 2 2 1
NO吸入療法 2 3 5 0 7 3 9

医師紹介

氏名 職位 専門領域 認定資格等
沼田 修
(昭和55年卒)
部長
総合周産期母子
医療センター長
新生児
小児科全般
小児科専門医
日本周産期・新生児医学会 代表暫定指導医(新生児)
小林 玲
(平成13年卒)
部長 新生児
小児科全般
小児科専門医
日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(新生児)
添野 愛基
(平成14年卒)
副部長 新生児
小児科全般
小児科専門医
日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(新生児)
桑原 春洋
(平成21年卒)
副部長    

 

印が休診日、印が午前のみ診療です。

             
             
             
             
             
             
前月 今月 翌月

急に休診になることもありますのでお知らせをご確認ください

ページトップへ

Copyright © 2017. Nagaoka Red Cross Hospital. All Rights Reserved.