外来受診される方へ
入院・お見舞いの方
医療関係者の方
採用情報
病院紹介
地域医療連携
がん診療連携拠点病院
診療科・部門案内
アクセス
お問い合わせ
ENGLISH

歯科口腔外科

概要

歯科口腔外科では、口腔内とその周囲組織に生じるあらゆる疾患を治療対象としています。その中でも、病院歯科という特徴を生かし、近隣の病院、歯科医院からご紹介頂く埋伏歯などの歯の疾患、口腔がんなどの口腔腫瘍、口唇裂・口蓋裂などの先天異常、顎顔面骨骨折などの外傷、顎骨炎などの炎症、口内炎などの口腔粘膜疾患、のう胞、顎関節症などの顎関節疾患、顎変形症、口臭症など、入院、手術、最新の検査機器による診断、他科の医師との連携などを必要とする患者さんの治療を重点的に行っています。


ご挨拶

長岡赤十字病院歯科は戦前から診療を開始し、長い間新潟県中越地区の歯科医療の一翼を担ってきました。1960年代からは口腔外科学教室の出身者が赴任するようになり、病院歯科の特徴を生かした診療が行われるようになりました。1980年代になると日本口腔外科学会認定専門医が常勤し、口腔がんなど専門性の高い口腔外科疾患の治療や有病者の歯科治療を開始しました。2010年10月からは日本口腔外科学会認定准研修施設、2013年10月からは日本口腔外科学会認定研修施設としてより幅広い口腔外科疾患の治療、医科入院患者の歯科治療、有病者の歯科治療および歯科口腔外科専門医の育成を行っています。


特色・方針

地域完結型の医療をめざし、地域の他の医療機関と連携しあらゆる歯科口腔外科疾患に対して高度な医療を提供しています。

特に、病院歯科の特徴を生かした入院診療をはじめ、医科領域でも使用する各種検査診断機器、医療設備、医療材料などを利用し、全身状態に配慮した診療を行っています。また、医師、薬剤師、看護師、歯科衛生士、言語聴覚士など高度な専門性を有するスタッフと協力体制をとり、安全で安心できる医療を提供しています。

当科は日本口腔外科学会研修施設、日本がん治療認定医機構研修施設、日本口腔腫瘍学会研修施設、日本顎関節学会研修施設の認定を受けています。

対象疾患について

  • 歯および歯周疾患(う蝕、歯周炎、埋伏歯など)
  • 先天異常(口唇裂・口蓋裂、小帯付着異常など)
  • 変形症(受け口等の顎変形症など)
  • 外傷(骨折、歯の脱臼、軟組織損傷など)
  • 炎症(骨髄炎、骨炎、智歯周囲炎など)
  • 口腔粘膜疾患(口内炎、扁平苔癬、白板症など)
  • 良性腫瘍(エナメル上皮腫、歯牙腫など)
  • 悪性腫瘍(口腔がんなど)
  • 嚢胞(歯根嚢胞、含歯性嚢胞など)
  • 顎関節疾患(顎関節症、顎関節脱臼など)
  • 唾液腺疾患(唾石症、唾液腺炎など)
  • 神経疾患(三叉神経痛など)
  • 歯科心身症(舌痛症など)
  • その他

実績(平成27年)

1日平均の外来患者数は約70名で、年間約1500件の外来小手術(普通抜歯を除く)が行われております。

外来新患数

総数 2,236 名
主な内訳 先天異常 22 名
外傷 80 名
良性腫瘍 82 名
悪性腫瘍 17 名

手術室を使用した手術件数

総数 125 名
主な内訳 悪性腫瘍 26 名
先天異常 13 名
外傷 18 名

常勤歯科医師4名、歯科研修医1名、看護師1名、歯科衛生士4名、非常勤歯科医師、非常勤歯科麻酔医、非常勤矯正歯科医が治療にあたっています。

 

医師紹介

氏名 職位 専門領域 認定資格等
飯田 明彦
(昭和63年卒)
部長 口腔外科 日本口腔外科学会認定専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)、暫定教育医
日本口腔腫瘍学会暫定指導医
日本顎関節学会認定顎関節症専門医・指導医
日本小児口腔外科学会認定専門医・指導医
小林 孝憲
(平成14年卒)
副部長 口腔外科 日本口腔外科学会認定専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)
永井 孝宏
(平成24年卒)
  口腔外科  
成松 花弥
(平成25年卒)
  口腔外科  

外来担当医表


患者さんへ ~臨床データの研究利用に関するお願い~

唾液腺癌に対するTS-1補助化学療法の有効性に関する研究の臨床データの研究利用に関するお願い

研究の概要・背景

唾液腺に発生する癌(唾液腺癌)は稀な疾患であり、また、種類(組織型)も多いため病態の解明や治療法の研究が進んでいません。
一般的に唾液腺癌の治療は、外科的な切除が行われています。しかし、唾液腺癌では局所再発(癌があった部位での再発)や遠隔転移(他の離れた臓器への転移)も多く、治癒の妨げとなっています。局所再発の予防に対しては、手術に併せて放射線治療が行われており効果が認められています。いっぽう遠隔転移の予防に対しては、いまだ標準的な治療法が確立されておりません。そこで本研究では、唾液腺癌の治療成績向上を目的に、唾液腺癌治療における遠隔転移予防を目的とした抗がん剤治療(術後補助化学療法としてのティーエスワン®)の有用性の検討を行います。

試料・情報の利用目的・方法(他機関への提供を含む)

唾液腺癌の治療を国際的なガイドラインに準じて標準治療法(外科的切除術 ± 術後放射線療法)で行います。治療が完了した段階で、本試験への参加協力を頂いた患者さんを、無作為的に2群(A群およびB群)に割りふり、A群では追加治療は行わず、B群では抗がん剤治療(術後補助化学療法:ティーエスワン®の内服を1年間)行います。その後経過観察(最長10年間)を行い、A群とB群で治療成績が異なるか否かを検討します。

対象者・期間

対象者:唾液腺癌に対するTS-1補助化学療法の有効性に関する研究に参加され治療を受ける方
研究期間:2017年8月1日~2019年3月31日

研究組織

JOOG(日本口腔がん臨床研究グループ)
信州大学医学部附属病院 歯科口腔外科 栗田 浩

データ利用のお願いと申し出について

個人を特定できるような状態でデータを使用することはありません。本研究の目的と、臨床データ利用に関するご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
なお、本研究に関するさらなる説明をご希望の方、また、本研究において臨床データの利用を希望されない方は下記問い合わせ窓口にご連絡ください。研究不参加を申し出られたとしても、患者さんが不利益を受けることは一切ありません。

【お問い合わせ先】

長岡赤十字病院 歯科口腔外科
担当医師:飯田 明彦、小林 孝憲

〒940-2085 新潟県長岡市千秋2-297-1
電話:0258-28-3600(代)  FAX:0258-28-9000(代)

 

 

印が休診日、印が午前のみ診療です。

             
             
             
             
             
             
前月 今月 翌月

急に休診になることもありますのでお知らせをご確認ください

ページトップへ

Copyright © 2017. Nagaoka Red Cross Hospital. All Rights Reserved.