外来受診される方へ
入院・お見舞いの方
医療関係者の方
採用情報
病院紹介
地域医療連携
がん診療連携拠点病院
診療科・部門案内
アクセス
お問い合わせ
ENGLISH

呼吸器外科

概要

呼吸器外科は、胸部(首と横隔膜の間)に発症する、食道や心臓血管系以外の疾患や外傷に対し、主に外科的治療を行う診療科です。主な対象疾患は肺癌ですが、そのほか、転移性肺癌、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍、気胸、胸部外傷など多岐にわたります。最近は、呼吸器外科領域でも、他の外科と同様に、内視鏡手術(胸腔鏡手術)が増加しており、患者さんへの負担が軽くなる結果、早期退院が可能となっております。気胸などの比較的簡単な手術はほぼ全例胸腔鏡手術で行っており、術後数日で退院可能となっております。また、診療にあたっては他科との協力が重要ですが、肺癌で術後に抗がん剤治療を追加する場合は、呼吸器内科と連携して、実施しています。さらに、交通事故や転落、滑落事故などでは、胸部外傷だけでなく、四肢、頭部、腹部に外傷を併発している場合も多く、その際は救急部を中心として、整形外科、脳外科、消化器外科などと協力して、治療にあたる体制を整えています。最近は、ドクターヘリによる搬送も多くなっており、重症な外傷などで、ヘリで迅速に搬送され、多くの診療科の協力で救命できた症例も増えております。 kokyuuki-naika01


ご挨拶

当科は、大和 靖、篠原博彦の両呼吸器外科部長の2人体制で診療を行っております。2名とも、呼吸器外科専門医で知識と経験を十分に備えております。当院は、地域がん診療連携拠点病院に指定されており、中越地区のがん診療の中心的役割を担っております。当科は、5大がんのうち、最も死亡数の多い、肺癌の外科治療を行っており、呼吸器内科と協力して、肺癌による死亡を減少させるべく、日々努力しております。さらに、前述したように、重症の胸部外傷が搬送されてくることがありますので、常勤医2名で、いつでも緊急の処置や手術に対応できように、体制を整えております。

特色・方針

当科の手術実績は下記に示しますが、肺癌に対する手術が最も多くなっております。最近は、肺癌に対しても胸腔鏡手術(VATS)が多く行われ、2014年には肺癌手術の65%がVATSで行われています。VATSは、皮膚のキズが3~5㎝と小さく、肋骨を切離しないので、術後の痛みが軽く、回復も早いため、早期退院が可能です。肺癌手術では、術後1週間で退院しています。ただ、すべての手術をVATSで行うわけではなく、リンパ節転移が疑われるような進行肺癌では、従来の開胸手術で行っており、安全性と確実性を重視して、手術方法を決定しています。最近、CT検診などで2㎝以下の小さな淡い影(GGO病変と言います)が発見され、切除すると、肺腺癌ですが、悪性度の低い、予後が良好な癌と診断されます。 このような癌はいわゆる「早期がん」と考えて良いもので、従来の標準手術である肺葉切除は必要なく、部分切除などの縮小手術で、十分治癒すると考えられています。しかし、このようなタイプの腺癌を、CT画像だけで診断するのは、なかなか困難で、診断を誤ることもあります。そこで、当科では手術中に、切除した標本を、病理医に迅速診断してもらい、悪性度の低い癌かどうか判断しています。この方法ですと、診断率は90%以上で、 5年生存率は、98%と良好です。このようなGGO病変に関しては、手術前に、患者さんや家族によく説明して、手術方法を決定しています。 本院は、中越地域の基幹病院として、各種の病態に対応できる体制が整っております。そのため、重症な合併症を有する患者さんにも、手術を行う機会が多くなっております。もし、術後に肺炎、心筋梗塞、脳梗塞、腎不全などの合併症の兆候が現れた場合は、迅速に専門医と協力して治療に当たり、すべての患者さんが、元気に退院することを目標としています。

対象疾患について

肺癌に対する手術が最も多く、さらに転移性肺癌、縦隔腫瘍、自然気胸、胸壁腫瘍、胸部外傷などを対象としています。なお、気胸や胸部外傷では、手術はせずに保存的治療のみで軽快退院する方も多くいます。

実績

過去7年間の手術実績

原発性肺癌の手術関連死亡率(術後30日以内+在院死亡)は 0~2.2%でした。

  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
全手術数
(うち胸腔鏡手術
 234
102
(43%)
 256
43
(17%)
 251
93
(37%)
 185
81
(44%)
 167
112
(67%)
 157
105)
(67%)
 185
140)
(76%)
1) 原発性肺癌 115 136 111 95 88 98 113
  胸腔鏡手術 28
(24%)
4
(3%)
26
(23%)
26
(27%)
57
(65%)
64
(65%)
87
(77%)
手術関連死亡 0
3
(2.2%)
0
0
1
(1.1%)
0
0
2) 気胸 39 30 40 35 21 9 24
3) 縦隔腫瘍 17 11 21 12 14 7 11
4) 転移性肺癌 14 20 22 11 19 15 9
5) 他 49 59 57 32 25 28 28

2014年入院患者(手術なしも含む)

症例 患者数 症例 患者数
肺癌 88 間質性肺炎 3
気胸 42 胸膜疾患 3
転移性肺癌 19 肺分画症 2
胸部外傷 16 胸壁疾患 1
縦隔腫瘍 14  その他
感染性疾患 6
 良性肺腫瘍  3 2014年入院患者数 203

kokyuuki-naika02

肺癌術後5年生存率(2006~2007年手術例、 181例)

全体 71.1%
IA期 80.6% IB期 67.6% II期43.8% III期 54.6%  IV期 50.0%

 

kokyuuki-naika03

医師紹介

氏名 職位 専門領域 認定資格等
大和 靖
(昭和55年卒)
部長 呼吸器外科 日本呼吸器外科学会専門医
日本胸部外科学会指導医
日本外科学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
篠原 博彦
(平成8年卒)
部長 呼吸器外科 日本呼吸器外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本外科学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医

外来担当医表


お知らせ

  • 呼吸器外科外来は、毎週火曜日と木曜日です。初めて当科を受診される方は、電話での予約をお願いします。その際、できるだけ「かかりつけ医」等の紹介状の持参をお願いします。
  • 検診、人間ドック、たまたま撮ったレントゲン写真などで「肺に影がある」と言われた場合は、まず呼吸器内科の受診をお願いします。
  • 気胸が疑われる場合は、早めに(当日中に)、当科外来または救急外来を受診して下さい。

2010年に当院で肺癌の手術を受けられた方へ
臨床データの研究利用に関するお願い

長岡赤十字病院呼吸器外科では、全国肺癌登録委員会の研究に参加し、他施設との共同研究として、肺癌手術症例の統計および調査を行っております。

研究名および研究代表者

全国肺癌登録調査:2010年肺がん手術症例に対する登録研究

研究代表者:吉野一郎
肺癌合同登録委員会 委員長
千葉大学大学院医学研究院呼吸器病態外科学

研究の概要

原発性肺癌は、本邦に於ける死因の第1位であり、国民の健康福祉の向上のために治療成績の向上が求められています。肺癌登録合同委員会は、1998年以来5回の症例登録事業を行い、学会および論文として報告し、肺癌治療の向上に貢献してきました。当事業のデータベースは、国際対癌連合(UICC)によるTNM分類の改訂にも大いに貢献しています。本研究の目的は、2010年の原発性肺癌手術症例の登録により、その治療成績を把握することであります。さらにその知見をもとに、今後の治療成績の向上に役立てる臨床研究を行い、国内外に発信すると同時に、世界の肺癌治療の成績向上へも貢献することを目標としています。

対象となる方

2010年に当院で肺癌の手術を受けた方が対象となります。登録する臨床データは通常の診療で過去に記録されたもので、患者さんに新たな負担はありません。また、患者さんの個人情報は、生年月と性別のみで、第三者が患者さんを特定することはできません。

 

本研究の目的と、臨床データ利用に関するご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。なお、本研究に関するさらなる説明をご希望の方、また、本研究に於いて臨床データの利用を希望されない方は下記問い合わせ窓口にご連絡下さい。

お問い合わせ先
日本赤十字社 長岡赤十字病院 呼吸器外科
担当医師:大和 靖、篠原博彦
〒940-2085 新潟県長岡市千秋2丁目297-1
電話:0258-28-3600(代) FAX:0258-28-9000(代)

 

印が休診日、印が午前のみ診療です。

             
             
             
             
             
             
前月 今月 翌月

急に休診になることもありますのでお知らせをご確認ください

ページトップへ

Copyright © 2017. Nagaoka Red Cross Hospital. All Rights Reserved.