外来受診される方へ
入院・お見舞いの方
医療関係者の方
採用情報
病院紹介
地域医療連携
がん診療連携拠点病院
診療科・部門案内
アクセス
お問い合わせ
ENGLISH

皮膚科

概要

皮膚科では現在3名の医師で診療を行っており、皮膚に生じるあらゆる疾患を治療対象としています。午前は外来診療、午後は検査、手術、レーザー治療、褥瘡回診、病棟往診などを行っています。蜂窩織炎や帯状疱疹などの入院も随時受け入れており、アナフィラキシーショックや全身熱傷、重症薬疹、重症感染症などの緊急入院にも対応しています。

皮膚科の疾患には内科的疾患が関連することが多く、その際には他科の先生方と協力して治療にあたっています。また、高齢化、核家族化などの社会情勢により地域連携も非常に重要になってきており、ソーシャルワーカーとの連携も迅速かつ密に行っています。

ご挨拶

皮膚は目に見える臓器のため、その変化は非常にわかりやすいのですが、皮膚疾患は原因不明のものが大変多く治療方針に悩むことがしばしばあります。また同じ疾患でも人によって臨床像が異なってくるため、患者さんの生活習慣や環境、内服薬、治療歴など様々なことを伺いながら診察を行っています。患者さんが関係ないと思っていた事が疾患の原因と判明することもあります。診察の際には些細なことでもかまいませんので、気軽にお話ください。

特色・方針

  • 生物学的製剤を用いた乾癬治療を積極的に行っています。内服療法、光線療法なども含め、患者さんに合った治療方法を一緒に考えながら、方針を決めています。
  • 全身熱傷など広範囲の熱傷治療に自家培養表皮を用いた治療を行っています。
  • 皮膚がん治療にも積極的に取り組んでおり、悪性黒色腫における免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬を用いた治療も行っています。
  • 原発性腋窩多汗症に対するボトックス治療を行っています。

対象疾患について

  • 接触皮膚炎やアトピー性皮膚炎を含む湿疹・皮膚炎
  • 痤瘡(にきび)、蕁麻疹、痒疹、円形脱毛症、熱傷、薬疹、色素異常症、膿疱症
  • 乾癬・扁平苔癬・魚鱗癬などの角化症
  • 尋常性天疱瘡や水疱性類天疱瘡などの水疱症
  • 皮膚における膠原病およびその類症
  • 血管炎
  • 白癬やカンジダなどによる真菌感染症
  • 細菌感染症、ウイルス感染症
  • 良性腫瘍、悪性腫瘍

など皮膚疾患全般

自費診療

  • シミに対するQスイッチルビーレーザー治療
  • ほくろやイボに対するCO2レーザー治療
  • 男性型脱毛症に対するフィナステリド(プロペシア)、デュタステリド(ザガーロ)の処方
  • ニキビやニキビ痕等に対するケミカルピーリング
  • ワイヤーを用いた巻き爪矯正
  • 金属アレルギーに対応したピアス施術

を行っています。

実績

平成28年度

手術件数 459 件(外来 413 件、入院 46 件)
皮膚筋肉生検術 207 件

医師紹介

氏名 職位 専門領域 認定資格等
梅森 幸恵
(平成14年卒)
部長 皮膚科一般 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本レーザー医学会レーザー専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
安齋 理
(平成25年卒)
     
萩原 里沙
(平成26年卒)
     

外来担当医表


お知らせ

  • 外来診察は月~金の午前中のみとなります。
  • 紹介状をお持ちでない初診の方は火曜、木曜、金曜のみの受付となります。(紹介状をお持ちの方は月~金までいつでも受付できます)
  • 予約のない再診の方も火曜、木曜、金曜のみの受付となります。
  • 外来は大変混み合います。お時間に余裕を持って受診されますようお願いいたします。

 

印が休診日、印が午前のみ診療です。

             
             
             
             
             
             
前月 今月 翌月

急に休診になることもありますのでお知らせをご確認ください

ページトップへ

Copyright © 2017. Nagaoka Red Cross Hospital. All Rights Reserved.