外来受診される方へ
入院・お見舞いの方
医療関係者の方
採用情報
病院紹介
地域医療連携
がん診療連携拠点病院
診療科・部門案内
アクセス
お問い合わせ
ENGLISH

病理診断部

概要

病理診断部では病院に来られた患者さんより採取された検体から顕微鏡で観察できる標本をつくり、病理診断を行っています。病理診断は患者さんの適切な治療のために大きな役割を果たしています。


ご挨拶

わたしたち病理診断部は2名の病理医、6名の臨床検査技師と1名の事務職員で業務を行っております。日々研鑽を積みながら、各科主治医が患者さんに適切な医療を提供できるよう努めています。

病理診断部  薄田浩幸


特色・方針

病理診断部に所属している病理医は病理専門医と細胞診専門医の資格を有しています。臨床検査技師はすべて細胞検査士の資格を有しています。また、複数名が遺伝子分析科学認定士の資格を有し、一級遺伝子分析科学認定士もおります。病理診断補助として免疫組織化学染色を組織診断だけでなく、細胞診断にも積極的に応用しています。腫瘍の診断では、PCR法を用いた遺伝子解析を行い、より正確、詳細な情報を主治医に報告できるよう努めています。また、必要に応じて電子顕微鏡検査(電顕)も行います。

主な業務

1. 細胞診断

患者さんから採取された検体から細胞検査士が細胞診標本を作製しスクリーニングにより異常細胞を拾い上げ、細胞診専門医が診断を行います。

2. 生検組織診断

各科医師が診断・治療のため患者さんより病変の一部を採取し、病理診断部臨床検査技師が病理組織標本を作製し、病理専門医が病理診断を行います。

3. 手術で摘出された臓器・組織の診断

手術により摘出された検体を、生検同様、病理診断を行い今後の治療方針決定に必要な情報を主治医に提供します。

4. 手術中の迅速診断

手術中に採取された検体を、臨床検査技師が直ちに病理標本を作製し、病理医が迅速病理診断を行い、手術を行っている医師に報告します。1~3に比べて作製された標本から得られる情報は限定されますが、手術の術式の決定・変更などに必要な重要な情報を含んでいます。

5. 病理解剖

不幸にして亡くなられた患者さんに対し、ご遺族の承諾のもと病理解剖を行っています。これは生前の病気の進行状態や治療効果、直接死因などを可能な限り明らかにする事を目的としています。患者さんやご遺族と直接接する機会はあまりありませんが、解剖結果は主治医に報告され日々の診療に生かされております。

実績

平成27年度概要

項目/ 外来・入院別件数 外来 入院 院外 合計
組織材料 5,360 4,368 0 9,728
迅速 3 375 13 391
電顕 0 17 0 17
免疫組織 1,101 1,295 22 2,418
ER/PGR 226 70 8 304
HER2/EGFR蛋白 145 54 4 203
HER2FISH 73 4 0 77
PCR 661 678 1 1,340
他院標本 41 2 0 43
診断料 5,187 3,141 610 8,938
細胞診 10,962 2,234 0 13,196
合計 23,759 12,238 658 36,655

病理解剖(診療科別)

  27年度  26年度 25年度 24年度 23年度
内科 11 13 9 11 8
神経内科 0 3 1 0 1
小児科 1 0 1 0 0
胸外 1 0 0 0 0
泌尿 0 0 0 1 0
0 0 0 0 0
整外 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0
脳外 0 1 0 0 0
救急外/院外 0 0 0 0 0
合計 13 17 11 12 9
剖検率 1.98% 2.49% 1.69% 1.71% 1.35%

※剖検率は外来死亡者を除いた死亡者数に対する比率

 

医師紹介

氏名 職位 専門領域 認定資格等
薄田 浩幸
(平成2年卒)
部長 人体病理 日本病理学会認定病理専門医
日本病理学会認定病理専門医研修指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医/教育研修指導医
日本臨床検査医学会臨床検査管理医
江村 巌
(昭和49年卒)
  人体病理 日本病理学会認定病理専門医
日本病理学会認定病理専門医研修指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医/教育研修指導医

お知らせ

病理について、より詳しい事を知りたい場合は、「一般社団法人 日本病理学会」のホームページをご覧下さい。 http://pathology.or.jp/ippan/pathdiag.html

患者さんへ ~臨床データの研究利用に関するお願い~

COPD(慢性閉塞性疾患)症例の増悪機序の解明と予後因子の特定の臨床データの利用に関するお願い

研究の背景

COPDの患者数は多く、2020年には死因の第3位になると考えられています。COPD患者さんは増悪を繰り返し、肺機能が低下し、死亡します。喫煙はCOPDのリスク因子であり、好中球による肺障害がCOPDの本態と考えられていますが、好中球が肺に動員される仕組み、好中球による肺障害の仕組み、増悪の仕組み、増悪を認識するマ-カ-は解明されていません。 私たちは病理解剖例の検討からCOPD患者さんの肺内に低酸素状体により形成される微小な肺障害病巣が存在すること、それら病巣が形成された患者の末梢血中にはマクロファ-ジに分化した細胞が出現していることを発見しました。

研究の目的

  1.  肺癌のために切除され、COPDを合併した肺組織を検討し、微小な肺障害病巣の形成の仕組みを解明する。
  2. COPD増悪のため死亡された剖検例を検討し、増悪の仕組みを病理学的に解明する。併せて、増悪と末梢血中のマクロファ-ジの関係を解明する。
  3. 末梢血中へのマクロファ-ジの出現が増悪のリスク因子であることを解明する。

期間

平成28年4月1日から 平成30年3月30日(暫定)まで。

研究の方法・対象者

研究目的3に関しては本院を受診されたCOPD患者さんから一般検査のため採血された末梢血の残りを用いて末梢血中にマクロファ-ジが存在するか否かを検索し、マクロファ-ジの出現と増悪との関係を解明します。そのため、患者さんへの負担はありません。 本研究において末梢血中のマクロファ-ジの有無以外にはCOPD患者さんの個人情報は使用されず、マクロファ-ジの有無からはCOPD患者さんを特定できないため、COPD患者さんの個人情報は個人情報保護法、および「人を対象とする医学系研究の倫理指針」に則り、固く守られます。

【お問い合わせ先】

長岡赤十字病院 病理診断部
担当医師:江村 巌

〒940-2085 新潟県長岡市千秋2-297-1
電話:0258-28-3600(代)  FAX:0258-28-9000(代)

 

印が休診日、印が午前のみ診療です。

             
             
             
             
             
             
前月 今月 翌月

急に休診になることもありますのでお知らせをご確認ください

ページトップへ

Copyright © 2017. Nagaoka Red Cross Hospital. All Rights Reserved.