実習設備

充実した実習施設。病院とは渡り廊下で直結。

病院へは渡り廊下で直結
看護学生の学習の約3分の1は、看護の現場で学習する臨地実習です。実習では、学校で学んだことを基に、ひとりひとりの患者さんに合わせた援助ができるように、看護師や教員の指導を受けながら学習します。

本校の実習のほとんどは、渡り廊下で直結する長岡赤十字病院で行われます。長岡赤十字病院は「がん診療」「小児・周産期医療」「救命救急」、そして赤十字病院の使命でもある「災害救護」を中心として、地域の医療連携の拠点となることを目指している病院です。質の高い看護を実践できる看護スタッフ・臨床実習指導者が充実している病院での実習は、学びの質の向上につながります。長岡赤十字病院で様々な実習を積み重ねることで、病院のシステムにも慣れ、学生であっても医療チームの一員として受け入れていただいています。その事は、学生が実力を発揮することや良質な看護につながっています。また、実習では患者さんから学ぶことも多く、実習を重ねるごとに知識・技術のみならず人間的にも成長する機会になります。幅広い年代の多様な疾患を抱えた様々な健康レベルの患者さんと接することができる長岡赤十字病院はたいへん恵まれた実習環境です。

看護部長からメッセージ

看護部長 遠藤 玲子

長岡赤十字病院
副院長兼看護部長
遠藤 玲子

看護の道を志すみなさん、
「患者さんに選ばれ、喜ばれる看護師」を
共に目指していきましょう

長岡赤十字病院は長岡赤十字看護専門学校の実習病院です。臨床実習指導者を中心に、実習環境を整え、多くの学びが得られるよう学生を支援しています。病院は、継続・卒後教育が充実し、認定看護師も多数育成されています。看護師は人と関わりながら、専門能力を磨いていく仕事です。患者さんに満足していただける看護が提供できる人を育てる事に努めております。

長岡赤十字病院の紹介はこちら

  • キャンパスライフ
  • カリキュラム
  • 日本赤十字社
  • 日本赤十字社 長岡赤十字病院
  • 日本赤十字社 新潟県支部
ページトップへ