学校評価

長岡赤十字看護専門学校自己点検・自己評価結果

「日本赤十字社 学校評価ガイドライン」に基づき、赤十字看護専門学校の特色ある看護教育の充実と教育水準の向上を目指し、毎年自己点検・評価を実施しています。教職員が、9カテゴリー、266項目について自己評価を行なった後、学校運営会議で協議し、最終評価としています。

表1・2の数字は、各カテゴリー毎の平均値を示しています。
(3段階評価 3.0:当てはまる 2:やや当てはまる 1:当てはまらない)

 

平成26

平成25

Ⅰ 教育理念・教育目的

3.0 3.0

Ⅱ 教育目標

2.9 2.9

Ⅲ 教育課程の経営

2.9 2.9

Ⅳ 教授・学習・評価過程

2.9 3.0

Ⅴ 経営・管理過程

3.0 2.9

Ⅵ 入学

2.8 2.8

Ⅶ 卒業・就業・進学

2.8 2.7

Ⅷ 地域社会・国際交流

2.8 2.8

Ⅸ 研究

2.8 2.8

カテゴリー別比較

カテゴリー別比較

総合評価

中項目の評価結果はほぼ「3 当てはまる」であり、全体的には健全な運営が行われていると評価できる。小項目では「ややあてはまる」「あてはまらない」項目がある。項目によっては設備的、経済的に改善には困難な状況もあるが、より良い、教育活動、学校運営となるように努力をしていく。

  • キャンパスライフ
  • カリキュラム
  • 日本赤十字社
  • 日本赤十字社 長岡赤十字病院
  • 日本赤十字社 新潟県支部
ページトップへ