外来を受診される方
入院・お見舞いの方
医療関係者の方
採用情報
病院紹介
地域医療連携
がん診療連携拠点病院
診療科・部門案内
アクセス
お問い合わせ
English
簡体中文

脊椎脊髄外科

概要

当院では平成25年11月より脊椎脊髄病領域の専門医が2名体制となり、新たに脊椎脊髄外科が創設されました。これにより当院では脊椎脊髄分野における最先端の高度な医療を提供できる体制が整い中越地区における医療ニーズに十分に対応することが可能になりました。

脊椎脊髄外科では脊椎に関係するあらゆる疾患・外傷に対応します。頚部痛や腰痛、さらには脊髄に起因する手や足のしびれなど病態の把握・診断・治療を速やかに行っていきます。


当院の治療の特徴

当院は3次救急を含む急性期医療だけではなく中越地区の総合拠点病院でもあるため、重篤な持病を抱えた方も多くいらっしゃいます。そのような状況に対応するため当院では積極的に低侵襲手術に取り組み、痛みやしびれから解放された自立した生活を送れるよう取り組んでいます。

また、外傷では脊椎の脱臼や骨折に加えて内臓損傷・頭部外傷・四肢外傷を併発した症例が多く、様々な科と連携を取り、迅速に治療が進むように取り組んでいます。さらに当院では県内に4台しか導入されていない脊椎ナビゲーションシステムを導入しており、より正確で確実な脊椎の再建術が可能となっています。

対象疾患

基本的に頚椎から腰椎までほぼすべての脊椎疾患に対応します。

代表的疾患

  • 頚椎 頚椎症性脊髄症・頚椎椎間板ヘルニア・頚椎後縦靭帯骨化症・頚髄腫瘍など
  • 胸椎 胸髄腫瘍・胸椎後縦靭帯骨化症/黄色靭帯骨化症・脊椎椎体骨折・脊柱後側弯症など
  • 腰椎 腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・腰椎変性すべり症/分離すべり症など

その他脊椎の外傷(脱臼/骨折)などの重篤な状況にも迅速に対応する体制を整備しています。また、これらの様々な疾患や傷病に対応するため当院ではできる限り患者さんの負担を軽減させ、より安全に治療ができるよう手術・手技の低侵襲化を目指しています。

低侵襲手術・手技

2021年現在当院で実際に行われている低侵襲手術方法を一部紹介します。

MILD(Muscle-preserving Interlamina Decompression:筋肉温存型椎弓間除圧術)

現在非常に多くの患者さんが治療を受ける腰部脊柱管狭窄症の基本的な手術は腰椎椎弓切除術という神経除圧手術です。MILD法では、この椎弓切除術を背中の筋肉を損傷せずに骨のみを切除して除圧を行うため術後の痛みが軽く負担が軽減できます。

MILD法

BKP(Balloon Kyphoplasty:経皮的後弯矯正術)

おもに骨粗鬆症性椎体骨折に対して行う低侵襲手術です。高齢者の脊椎椎体骨折に対して椎体の変形を矯正し即自的に痛みをとることができます。手術は経皮的に行われ、5mm程度の創が2つだけですので負担はかなり軽減できます。
spinal_surgery02

PPS(Percutaneous Pedicle Screw:経皮的椎弓根スクリュー)

脊椎疾患や外傷において脊椎を固定する手術の際に多く使用されるのが椎弓根スクリューです。従来では筋肉を骨から剥離して背骨を露出させてから刺入していましたが、PPSでは筋肉を剥離せずスクリューの挿入部だけ切開して刺入します。背筋が温存できる低侵襲な手技であり、これを応用することで低侵襲な固定術を行うことができます。

PPS

コンドリアーゼ(ヘルニコア)注入療法

従来の腰椎椎間板ヘルニアの治療法は主に保存療法もしくは手術療法のいずれかでしたが、ヘルニコアは椎間板に注入することで椎間板の髄核内の保水成分を分解し、水分による膨らみを適度にやわらげます。その結果神経への圧迫がが改善し、痛みやしびれが軽減します。保存療法と手術療法の中間に位置する手術以外の低侵襲な治療法になります。

コンドリアーゼ


 

当院で行われている治療法の一部を御紹介しました。これらは病態に合わせてメリットの大きいものを選択していきますので、場合によっては適応できないこともあります。他にも様々な低侵襲手術・手技を取り入れており、今後も最先端医療の変化に応じて対応していきます。


手術実績

脊椎手術実績(期間:1月1日~12月31日)

  2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
頚椎 30 50 67 47 75 68 79 59
胸椎 18 18 26 33 42 37 24 30
腰椎 50 103 116 148 170 157 156 259
合計 98 171 209 228 287 262 259 348

 

医師紹介

氏名 職位 専門領域 認定資格等
三浦 一人
(平成8年卒)
部長   日本整形外科学会 専門医
日本脊椎脊髄病学会 指導医
日本脊椎・脊髄神経手術手技学会・日本脊椎インストゥルメンテーション学会・東北整形災害外科学会・日本低侵襲脊椎外科学会・日本骨折治療学会
森田 修
(平成12年卒)
部長   日本整形外科学会 専門医
日本脊椎脊髄病学会 指導医
日本脊椎インストゥルメンテーション学会・日本側弯症学会・東北整形災害外科学会

外来担当医表


受診方法

原則紹介制とさせていただいており、紹介状が必要になります。現在のかかりつけ整形外科医から事前予約いただくとよりスムーズに受診できます (病診連携システム)。

初診外来日は水・金曜日となります。

 

印が休診日、印が午前のみ診療です。

             
             
             
             
             
             
前月 今月 翌月

急に休診になることもありますのでお知らせをご確認ください

ページトップへ

Copyright © 2021. Nagaoka Red Cross Hospital. All Rights Reserved.