外来を受診される方
入院・お見舞いの方
医療関係者の方
採用情報
病院紹介
地域医療連携
がん診療連携拠点病院
診療科・部門案内
アクセス
お問い合わせ
English
簡体中文

感染症内科

概要

感染症科の診断、治療に関して、他科の相談も受ける形で行っています。各職種と連携、協力して院内感染対策を実施しています。2類感染症指定医療機関であるため、新型感染症への対応も行っています。


ご挨拶

地域での感染症診療、院内感染対策のお役に立てるように診療しています。特殊な感染症診療の相談も受けています。

特色・方針

各職種との情報共有を行うことにより感染症の状況を把握して、診療に生かす、対策を行う形での対応を行っています。結核病棟を有しており、中越地区での入院が必要な結核患者の受け入れを行っています。HIV感染症の拠点病院であり、HIV診療もチームで行っています。海外渡航後のワクチン接種、渡航後の感染症についても対応しています。新興再興感染症の診療にも携わっています。

対象疾患について

  • 感染症診療のコンサルテーション
  • 抗酸菌診療
  • 海外渡航後の発熱
  • HIV感染症
  • 院内感染対策のコンサルテーション

実績

  平成25年 平成26年
結核病棟の入院患者数 73名 58名

医師紹介

氏名 職位 専門領域 認定資格等
西堀 武明
(平成2年卒)
部長 感染症診療全般
院内感染対策

日本感染症学会専門医・指導医
日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
日本結核病学会指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医

外来担当医表


長岡赤十字病院における感染防止対策の取組事項

  1. 感染対策を専門に担う部署および院内感染対策委員会を設置し、各部署との協働のもと、手洗い励行など日常的に感染防止対策に努めています。
  2. 来院される全ての方に、手洗い励行、発熱・咳等の症状がある際のマスク着用などのご協力をいただいています。
  3. 抗菌薬の適正使用、MRSAなどの薬剤耐性菌の伝播防止、インフルエンザやノロウイルスの蔓延防止に努めています。
  4. 地域の関係医療機関等と連携し、感染防止活動を推進しています。

患者さんへ ~臨床データの研究利用に関するお願い~

潜在性結核感染治療実態に関する臨床データの研究利用に関するお願い

cN0日本におけるノカルジア症の臨床的疫学と感受性に関する後方視点的研究に関する臨床データの研究利用についてのお願い

「結核治療中に伴う薬疹の実態調査」に関する臨床データの研究利用についてのお願い

「多剤耐性結核症の登録研究」に関する臨床データの研究利用についてのお願い

潜在性結核感染治療実態に関する臨床データの研究利用に関するお願い

潜在性結核感染治療実態に関する研究について
詳細はこちら http://www.jata.or.jp/tp_detail.php?id=87

【お問い合わせ先】
長岡赤十字病院 感染症内科
担当医師:西堀 武明
〒940-2085 新潟県長岡市千秋2-297-1
電話:0258-28-3600(代)  FAX:0258-28-9000(代)

【研究代表者】
結核療法研究協議会内科会
(結核予防会結核研究所企画主幹)吉山 崇
〒204-8533 東京都清瀬市松山3-1-24
電話:042-493-5711

日本におけるノカルジア症の臨床的疫学と感受性に関する後方視点的研究に関する臨床データの研究利用についてのお願い

研究の概要・背景

稀な菌種であるノカルジアの臨床像を集めて解析していくことを目的とします。

試料・情報の利用目的・方法(他機関への提供を含む)

カルテ上で臨床データ(年齢、性別、並存疾患、上記感染症発症時、治療後の情報、治療経過)を解析していく方法となります。

対象者・期間

当院で平成22年1月から平成29年12月の期間で、ノカルジア症と診断されて千葉大学医真菌センターで菌の同定が18歳以上の症例を対象とします。

データ利用のお願いと申し出について

これらの臨床データは通常の診療で記録されたもので、患者さんに新たな負担はありません。また、個人を特定できるような状態でデータを使用することはありません。本研究の目的と、臨床データ利用に関するご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。 なお、本研究に関するさらなる説明をご希望の方、また、本研究において臨床データの利用を希望されない方は下記問い合わせ窓口にご連絡ください。研究不参加を申し出られたとしても、患者さんが不利益を受けることは一切ありません。

【お問い合わせ先】
長岡赤十字病院 感染症内科
担当医師:西堀 武明
〒940-2085 新潟県長岡市千秋2-297-1
電話:0258-28-3600(代)  FAX:0258-28-9000(代)

「結核治療中に伴う薬疹の実態調査」に関する臨床データの研究利用についてのお願い

研究の概要・背景

結核治療中に発疹を発症された方の診療録より、性、年齢や、発疹の状況に関係する情報を収集し集計するものです。これにより、結核治療中の有害事象の実態を検討し、今後の日本の結核治療のあり方を検討するための資料となります。

試料・情報の利用目的・方法(他機関への提供を含む)

臨床データを、結核療法研究協議会 内科会で集計いたします。 収集する情報は、性、年齢、使用薬剤、発疹の性状に関係する情報のみで、名前、住所、病院のID番号など個人識別する情報は収集いたしません。

対象者・期間

抗結核薬で治療中に薬疹と思われる発疹が出現した方
2019年2月1日から12月31日が対象期間になります。

データ利用のお願いと申し出について

これらの臨床データは通常の診療で記録されたもので、患者さんに新たな負担はありません。また、個人を特定できるような状態でデータを使用することはありません。本研究の目的と、臨床データ利用に関するご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
なお、本研究に関するさらなる説明をご希望の方、また、本研究において臨床データの利用を希望されない方は下記問い合わせ窓口にご連絡ください。研究不参加を申し出られたとしても、患者さんが不利益を受けることは一切ありません。

※この研究についての詳細は こちら よりご確認ください。

【お問い合わせ先】
長岡赤十字病院 感染症内科
担当医師:西堀 武明
〒940-2085 新潟県長岡市千秋2-297-1
電話:0258-28-3600(代)  FAX:0258-28-9000(代)

「多剤耐性結核症の登録研究」に関する臨床データの研究利用についてのお願い

研究の概要・背景

多剤耐性結核にかかられた方の診療録より、性、年齢や、多剤耐性結核に関係する情報を収集し集計するものです。これにより、日本における多剤耐性結核治療の有効性を検討し、今後の日本の多剤耐性結核のあり方を検討するための資料となります。

試料・情報の利用目的・方法(他機関への提供を含む)

収集する情報は、性、年齢、住所(市まで)、各薬に対する耐性状況、現在の治療、治療結果に関係する情報のみで、名前、住所、病院のID番号など個人識別する情報は収集いたしません。また、結核菌自体を結核研究所に収集し菌の性質について検討いたします。

対象者・期間

多剤耐性結核菌が検出された方
2019年2月1日から2021年12月31日までの期間が対象となります。

データ利用のお願いと申し出について

これらの臨床データは通常の診療で記録されたもので、患者さんに新たな負担はありません。また、個人を特定できるような状態でデータを使用することはありません。本研究の目的と、臨床データ利用に関するご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
なお、本研究に関するさらなる説明をご希望の方、また、本研究において臨床データの利用を希望されない方は下記問い合わせ窓口にご連絡ください。研究不参加を申し出られたとしても、患者さんが不利益を受けることは一切ありません。

※この研究についての詳細は こちら よりご確認ください。

【お問い合わせ先】
長岡赤十字病院 感染症内科
担当医師:西堀 武明
〒940-2085 新潟県長岡市千秋2-297-1
電話:0258-28-3600(代)  FAX:0258-28-9000(代)

 

印が休診日、印が午前のみ診療です。

             
             
             
             
             
             
前月 今月 翌月

急に休診になることもありますのでお知らせをご確認ください

ページトップへ

Copyright © 2019. Nagaoka Red Cross Hospital. All Rights Reserved.